関東財務局長 (金商)第720号
株式会社ゴールデンクロス

システムトレードの特徴1





システムトレードの特徴2





システムトレードの特徴3





更新履歴

2014/07/06
トップページ更新。2014年6月システム成績更新。
2014/06/03
トップページ更新
2014/05/06
ブログパーツ追加。みなさんのページにゴールデンクロス銘柄を表示して下さい!
2014/04/29
お申込みページ更新。お申込みまでの流れ追記
2014/04/01
新消費税対応
2013/11/10
お申込みページ更新
2011/08/01
ホームページリニューアル
2006/02/02
ゴールデンクロス・システムトレード公開
2002/08/16
日刊株式ゴールデンクロス銘柄速報メールマガジン創刊

インフォメーション

2014年度 7月期の会員募集中です
お申込みはこちらから

2013年2月28日時点でのシステム運用成績




2014年度 システム成績(6/30現在)

2014年度のシステム成績です

  • 上位銘柄
  • 順位 上昇 コード 銘柄 購入金額 売却金額
    1位 730% 6871 日本マイクロニクス 2013年11月 631円 2014年1月 5240円
    2位 426% 8925 アルデプロ 2014年1月 46円 2014年3月 242円
    3位 218% 2121 ミクシィ 2013年11月 2107円 2014年1月 6710円
    4位 129% 4239 ポラテクノ 2013年10月 668円 2014年2月 1530円
    5位 113% 3252 日本商業開発 2013年11月 1044円 2014年3月 2230円
  • 総合成績
  • シグナル数 勝率 利益 1件あたり 保有日数 PF
    1131 件 + 5225.39% + 4.62% 91日 PF 2.28
    575 勝 50.84% + 9302.21% + 16.17% 112日
    556 敗 49.16% - 4076.81% - 7.33% 70日

    システムトレード成績の解説

    • 損少利大

    1取引あたりの平均利益16.17%に対し、平均損失は-7.33%です。
    損失は極力少なく、利益は出来る限り大きくするシステムです。

    • 損切りは早く、利益確定は最後まで

    1取引あたりの平均保有期間は利益91日に対し、損失70日です。
    早めに損切りを行い、利益は伸ばす傾向にあるシステムです。

    • プロフィットファクターがプラス

    プロフィットファクターは2.28です。
    これは損失が100万円に達した時、利益は228万円になっていることを意味します。
    プロフィットファクターがプラスのシステムとは、利益の出るシステムのことを言います。

    • ペイオフレシオが2.20

    1回の利益確定で、2.20回の損切りをカバー出来ることを意味します。

    • 取引回数を重ねる度に利益増加

    これまでの通算利益率5225.39%、1取引あたり4.62%の利益率です。

    2014年05月の記事は以下のとおりです。

    9月9日システムトレード検証の結果発表

    • 2014/05/06 20:04

    こんばんは。ゴールデンクロスの奥村です。

    これまで9月9日に発生したシグナルを10月から発表し検証していきました。
    4回に分けて発表していましたが12/24ついに結果確定です。

    ※過去の記録はこちらをご覧ください

     http://archive.mag2.com/0000095475/20131029203411000.html
     http://archive.mag2.com/0000095475/20131108201620000.html
     http://archive.mag2.com/0000095475/20131122223742000.html
     http://archive.mag2.com/0000095475/20131217203000000.html

    今回はこれまでの結果を、実際に運用したと仮定して発表してみます。
    ・運用期間:9月10日から最長12月24日まで
    ・発生シグナル数:52銘柄
    ・投資銘柄:12銘柄
    ・合計運用額:1,200万円(1銘柄あたり100万円均等分散投資)
    ・平均保有:54.83日
    ・1銘柄平均利益:4.47万円
    ・12銘柄合計利益:53.58万円
    ・年間利回り:29.72%

    運用12銘柄の個々の結果は以下になります。

    ●9月9日のシステム分析銘柄の成績(12/18から12/24まで)
    エレマテック利益確定。
    利益銘柄が7銘柄、損切り銘柄が5銘柄で確定です。

     1位 +26% (6306)△日工
     2位 +22% (4754)△トスネット
     3位 +19% (2715)△エレマテック※
     4位 + 8% (7822)△永大産業
     5位 + 1% (9928)△ミロク情報サービス
     6位 + 1% (5277)△スパンクリート
     7位 + 1% (7874)△レック
     8位 - 2% (9444)▼トーシン
     9位 - 2% (2288)▼丸大食品
    10位 - 4% (9303)▼住友倉庫
    11位 - 7% (9005)▼東京急行電鉄
    12位 - 7% (9768)▼いであ
     
    合計利益率 53.58%
    平均利益率  4.47%

    (記号の意味)
    ※:前回12/18掲載以降に売り指示で確定
    △:利益確定
    ▼:損失確定
    無印:保有中

    ●総評
    1,200万円を約2カ月投資して53万円の利益。
    年間6.6回転できるため計356万円、年利29.72%ほど見込める計算です。

    ゴールデンクロスシステムの全体評価としては1銘柄あたり3%前後の利益率ですが、極端に悪い銘柄を除外することで今回4.47%まで利益率を押し上げる事が出来ました。
     
    実際は相場環境によって結果は事なるでしょうが、ゴールデンクロス・システムトレードでは常にこの結果を目指します。

    弊社はシステムトレードを使いお客様の資産形成を全力でサポート致します。

    ※この記事は、日刊株式 ゴールデンクロス銘柄速報(1/17版)に掲載されたものです。

    読者数13,000部の無料メルマガ

    • ゴールデンクロス銘柄速報
    メルマガ購読・解除

    読者購読規約
    powered by まぐまぐ!
     

    Yahoo!に登録されています

    • Yahoo! JAPAN

    2014年05月

    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリー

    • カテゴリーが登録されていません。